なめ猫

かつては猫業界にも『なめ猫』というヤンキーが居ました。なめ猫とは1980年代初頭の日本で短期間流行した、暴走族風の身なりをした猫のキャラクター企画である。本物の仔猫に衣装を着せて座らせ、正面から撮ることで直立して見えるように写真撮影したものをはじめ、数々の関連グッズが作られていました。

80年台のブレイク時に私はまだ生まれていなかったので、その人気ぶりを見ることはできませんでした。しかし2000年代にグッズが復刻発売された時には大分はまりました。こういうグッズ猫好きにはたまらないですね。可愛い子猫なのに暴走族の服というギャップ。しかも二本足で立ってる。そして免許証風のカードには“なめられたら無効”というふざけた記述。私は初めてこの面白アイテムをスーパーのお菓子コーナーで発見した時、買うしか無いという気分が瞬時に高まり、すぐカゴに入れました。まさに衝動買いです。その後手に入れた免許証カードは定期入れへ。パッと見だと本物の免許証が入ってるみたいで面白かったです。これを本物の免許と見間違えて“免許取ったんだー”と言われる事もしばしば。これだから本物風のグッズは面白いです。

なめねこの始まり

そのはじまりは後になめねこプロデューサーとなる津田覚氏が近所のクリーニング屋から引き取り大切に育てていた4匹の仔猫たちが、津田の恋人が置き忘れていった人形の洋服に興味を持った事です。その様を見て面白半分にそれを着せてみたところ、仔猫たちがそれを着たまま楽しそうに遊んでいたのが面白くてそれを撮影したのが始まりだったのだそうです。

なめ猫の正式名称は「全日本暴猫連合 なめんなよ」。そのキャッチフレーズは「なめんなよ」だったことから略され「なめ猫」となった。英語表記は「Don't Pelorian!」。ペロリアンは造語らしいです。

なめ猫グッズ

初代のなめ猫グッズは、1980年から1982年まで発売されました。ポスターは600万枚、自動車の免許証風のブロマイドは1200万枚を売り上げたそうです。「死ぬまで有効」、「なめられたら無効」等の表記でも有名なこの免許証風ブロマイドは一大ブームとなり、なめ猫以外にも、芸能人・アニメ・映画のキャラクターやエリマキトカゲなどを使った派生商品が多数販売されたそうです。ブーム最盛期には交通違反者が運転免許証提示命令に対しこぞってこの「なめ猫免許証」を出して見せたことから、警察から発売元へクレームが入るほどの社会現象となった。

その他、文具・写真集・レコード・ゲームなど、最盛期には500種以上のキャラクター商品が発売された。しかし、津田が多忙になったことやマスコミや動物愛護団体から猫への虐待を疑う声が多く寄せられたことなどから発売中止となり、ブームは沈静化した。

実際には衣装と撮影方法に仕掛けがあり、あたかも立たせているように見せかけているが、実際には猫は前足を上げていただけである(本当に立たせていたのなら、もっと背が高くなる)。スタッフは皆、猫の愛好家であり、ネコたちには最大限の配慮をしていた。その後なめ猫たちはスタッフや希望者に引き取られたという。

地元名古屋発CBCテレビの若者向け番組「ぱろぱろエブリデイ」がブームの発信源の1つとされる。

なめ猫は、『オリコン・ウィークリー』(現・『oricon style』)誌1981年12月4日号の表紙を飾った。人間以外の動物が同誌の表紙になったのは、2005年6月現在これが唯一である。

1998年に、なめ猫の1999年版カレンダーが発売。「DON'T KID ME!!!!」と表記された。

2005年に、(前述のカレンダーを除けば)23年ぶりになめ猫グッズが発売された。当時のオリジナルと同じ暴走族ファッションの猫のほか、現代風のファッションの猫もある。免許証風のブロマイド、時計、バスタオルなどが発売されている。なお、この再発売のため新たに撮りおろされた写真は一枚も無く、全てプロデューサーの津田が当時撮影したものをグッズに使用している。2005年度版の免許証風ブロマイドは2007年時点で1500万枚を売り上げている。

他の多くのキャラクター商品と同様に模造品や海賊版が存在し、こちらはキャッチフレーズを「なめるなよ」または「にゃめるな」と変えた物もあった。

2006年には警視庁の暴走族追放キャンペーンのポスターに使われた。2007年より肖像パブリシティ権侵害行為防止キャンペーンポスターに使用され、 2008年には「みんなで『情報セキュリティ』強化宣言! 2008」を展開するメインキャラクターとして使用された。

疾走、ヤンキー魂。で
ヤンキーライフ
送っちゃうんで
夜露死苦